« タライレースに参戦してきました! | トップページ | 坊主、雨乞いをする »

2012年10月 9日 (火)

吉野合宿2012

Imgp9299_r_5

長い残暑が終わりを告げ、涼しくなりはじめた2012年初秋。
今年のD強化合宿は、四国吉野川に行ってきました。

合宿の参加者は、ネット難民のイワタ家族、「分身の術」を持つながさはさん、コバトン裕子ちゃん、イタコに召喚されたしょーたろう、暇人春夏の計7名となりました。

【一日目1:うどん合宿1】
ANAです。私事ですが、国内線はANA一筋です。
機内に乗り込むとイタコが睨んできます。コンタクトをしてないのでしょう。
一方のイワタ♂は、笑顔。憧れのアベさんに会えるのが嬉しいようです。
お嬢は見向きもしてくれません…。

さて、羽田からうどん県までひとっ飛び。
まずは、カーをレンタルしに行きます。車種は、去年の沖縄同期旅行と同じく日産CUBE。これも何かの縁でしょうか。

早速、うどん巡りを開始です。
お腹の減っていた我々は、空港近くにあった「のぶや」の暖簾をくぐります。
セルフ式のお店です。家族で経営しているのでしょうか。
私は「冷ぶっかけ(中)」をオーダー。
では!いっただきまーす。
コシのある太麺に香り豊かなダシ。
いつもお世話になっている「はなまるうどん」に行けなくなってしまうかもしれません。ちなみに、香川県内にはうどん屋が800店舗あるようです。

Imag0002_1_r

お腹も満たされ、金刀比羅宮へ移動します。「こんぴらさん」の名称でも呼ばれる神社。ぜひとも来たかった場所です。

本宮までの石段を登ること20分、立派な社です。

Imag0002_r

イワタ♂は、「一生を過ごすなら四国」と言ってます。
でも、お前、家建てたばっかじゃん。

歩いたことで少しお腹の減った我々は、次のお店「長田」へ向かいます。
ここの釜揚げうどんは、超有名店のようで「釜揚げを語るなら、長田の釜揚げを食ってからにしろ」といわれるほど。
当然、「釜揚げうどん」をオーダー。
では!いっただきまーす。
長目の中太麺にいりこが強く香るダシ。
何このダシ!すんげえ美味いんだが!釜揚げでこんなに美味いの初めて食った!
満足感に浸りながら、一路、徳島に向かいます。


【一日目2:焼肉合宿】
「美濃田の湯」に浸かったあと、フレスポ阿波池田の駐車場で裕子ちゃんと待ち合わせです。
待っている間、本日のお酒と明日の朝食を調達します。
お嬢は興味のある商品を次々と持ってきます。ただ、力加減がうまくできず、包装に穴が開きそうで、見ている大人はハラハラします。
「じっとしててくれ。」と抱き上げられたお嬢は、やはり泣きます。
子育てって、大変やね。

そんなこんなで、今回の合宿のコーチである裕子ちゃんと合流です。女性アスリートのオーラが漂っています。
夕食に連れて行かれたお店は焼肉屋「とんちゃん」。昔からある地元の焼肉屋という感じで、雰囲気からして良いお店です。
焼肉を存分に食べて、裕子ちゃんの家へ。家の前に車を横付けします。
田舎は車庫証明要らないのは本当だったんですね。
家は2DKかな?広々としていてキレイです。
ほどよい疲れと満腹のため、夜の宴会も早めに切り上げ、就寝です。


【二日目1:大歩危合宿】
朝食を済ませ、阿波池田駅に向かいます。

テルさんの結婚式で岡山に来ていた、しょーたろうと合流します。見るからに二日酔いです。

P9230006_r

朝、よく起きられたなあ。
裕子ちゃんが働くサファリに到着し、待合室へ。誓約書にいろいろ記入し、装備を受け取ります。
個人装備を持ってきていない我々は、分厚いオレンジの枕付ライジャケ、鮮やかな青の耳付ヘルメットという一年生以来と思われる格好です。でも、イタコは違和感ないんだよね。

P9230003_r
ちなみに、イワタ♂は終日お嬢の子守です。

この日は残念ながら、水量が多いため、大歩危コースのみです。
P9230011_r
コーチ(ガイド)はもちろん裕子ちゃんです。
まわりのボートがきゃーきゃー叫んでいる中、経験者揃いの我々は楽しみながらも静かにやり過ごします。

コーチ(ガイド)指示の「中に入って!」の特訓は、難しかったです。
今までの経験から、「中に入る=へたれ」「瀬の中で漕がない=危険」という認識があるため、なかなか慣れません。

Imgp9156_r

その後も要所で写真を撮られるため、「瀬の中で漕ぎながらも、カメラ目線を身につける」特訓を繰り返しながら、のんびり降り、午前の部は終了です。

Imgp9262_r

我々は一日コースなので、昼食タイムに突入です。

Imgp9284_r

天気も徐々に晴れ、午後の部からは、ながさはさんが合流です。
オレンジのライジャケ姿のながさはさんを見て、なぜか現役時代のリバベンがフラッシュバックしました。
10年前、神大はみんながこういう格好だったなあ。
午後も「瀬の中で漕ぎながらも、カメラ目線を身につける」特訓を繰り返します。

Imgp9376_r_2

特訓の成果。

ダラダラしながら、ゆっくり降っていき、一日コースも終了です。
サファリに戻ってからは本日の写真、動画の上映会です。他のお客さんも含めて、みんな笑顔でしたね。

しょーたろうは、明日はお仕事なので一足先に帰りました。
イワタ♂は終日、お嬢の面倒を見ていました。お疲れ様でした。



【二日目2:スシロー合宿とハヤシ】
夕食は、我々とリバーフェイスのキャプテン・アベさん、同じくリバーフェイスのちかりん、立正後輩のカワタクを含む計9名で、寿司を食べに行きます。
サファリで合流し、移動を開始します。
このとき、我々はどこの寿司屋に行くのか知らされず、ただ後ろをついて行きます。
「寿司かあ。アベさん、どんだけ食べるんだろ」
「どこ向かっていんだ?こっちにきても店なんかありそうにないが」
「愛媛に入ったぞ」
「やっと、店がちらほら出てきたな」
「あそこか、あの【すし一貫】か!」
「いや、違う!」
「あそこじゃないか?」
「スシローだ!」
この車中の会話は、「水曜どうでしょう-アメリカ横断編」みたいな感じでした。
寿司を食べるために、四国中央市まで30キロ近く移動しました。最寄りのマックもこの辺りになるようです。
食べ終わった後は、アベさんとイワタ♂でツーショットを撮ってもらいました。

P9230038_r

帰り道、話題はD副理事のハヤシ君に。
「掲示板に四国に来るようなこと言っていたけど、来るのかな?」
「神出鬼没のあいつのことだから、何時どこから出てくるか分からん」
「一昨日?昨日?日本に帰ってきたんだよね」
「ワイン持って行きますって、どっから仕入れたんだ」
「どうもどうもと言いながら、フラッと現れそう」
というような感じで、一応気にかけていたんだよ。ハヤシ君。
サファリに戻り、解散です。
リバーフェイスの皆様、翌日も早朝から練習があるというのに、お付き合いいただき、ありがとうございました。


【三日目1:うどん合宿2】
朝、目が覚めると、お嬢が笑顔でこちらに向かってきます。
「そいやっ!」と蟹鋏で捕まえると、泣き出します。なかなか好かれないようです。

P9240041_r

さて、裕子ちゃんともお別れです。
2泊もさせてもらい、しかも布団まで貸してもらって、ありがとうございました。
裕子ちゃんのおかげで、吉野川を思う存分楽しめました。


うどん県に戻り、うどん合宿の再開です。
本日の一軒目は、行列ができる店「はりや」へ。

Imag0011_r

開店10分前に到着。すでに数名の先客がいます。今日は平日の月曜日なんですけどね。
我々が並んだ後も、後列が延びていきます。開店前には30人ぐらい並んでいたのではないでしょうか。
うどん屋で並んだのは、初めてです。
11時開店です。カウンターのみで、お店の中でも待つタイプですね。
正直、私はこのタイプが苦手です。後ろから見られている感じと、早く食べなくてはという焦りを感じるからです。
それはさておき、私は「かしわざる」をオーダー。
では!いっただきまーす。
長い細麺です。麺が輝いてます。コシもあり、ダシも美味い。


続いて、2軒目へ向かいます。
どのお店に行くか決めていませんので、行き当たりばったりに移動します。が、「竹清」「上原屋本店」と2軒連続でフラれたため、「池上」へ向かいます。
開放的な平屋のお店です。店構えからして、美味しそうです。

ぶっかけ、釜揚げ、ざると食べてきたので、最後は「冷かけ」をオーダー。
では!いっただきまーす。
細麺ですが、コシも強く、ダシはとても澄んだ味わいです。
ねぎやしょうがなどの薬味はありません。うどんそのままの味が楽しめます。
満腹の我々は、フライトの時間が迫っているため、レンタカーを返却しに行きます。


【三日目2:合宿終了】
レンタカー屋に到着です。
ながさはさんとは、ここでお別れです。四国にもう一日留まって、剣山と石槌山を登ります。
移動時間を考えると、ゆっくりできないため、車を借りるなり、慌しく去っていきます。
お疲れ様でした。道中、お気をつけて。

帰り道も平穏無事に終わり、今年の合宿も終了です。
最後に、裕子ちゃんをはじめ、お世話になったサファリ&リバーフェイスの皆様、ありがとうございました。

Imgp9266_r

« タライレースに参戦してきました! | トップページ | 坊主、雨乞いをする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091567/47376806

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野合宿2012:

« タライレースに参戦してきました! | トップページ | 坊主、雨乞いをする »