« 第二次沖縄サミット二日目~カラオケの結末は逆水平チョップ~ | トップページ | 正月 (リバベン) »

2013年5月29日 (水)

日本昔話…大蛇と僕と聖剣と

むかしむかし、ある所に全長108mもある大蛇がいたそうな・・・

村人たちに悪さを働く、このずる賢い蛇を退治するために一人のダンディが立ち上がった・・・

Img_6597

 

彼は蛇を退治するためにダンディな山に眠る2本の大剣を取りに行く事に・・・

一つ目は「男体山」…コレほどダンディな山名はこの世にないだろう

その山そのものが神と崇められ、山頂には光り輝く刀が立っていると言い伝えられている・・・

・・・スキップしてたら2時間30分ほどで山頂に着いた…その頂に・・・

Img_6548_3

ダンディな者にしか抜けない聖剣があったので彼はサクッと抜いた。

すると山は怒り狂い、すぐに激しい雨と雷を降らせました。

非難小屋では子供がヒザを抱えて泣いています…すぐ近くでまた雷が落ちました

しばらくすると、女神が男体山に虹をかけ、ダンディを逃がしてくれました。

Img_6585

翌日…ダンディはもう一つの聖剣を求めて皇海山(すかいさん)へ向かいました・・・

すると・・・・・・

Img_6830_2

ツキノワグマが現れたので仲間にしました。

さらに山へ登る途中・・・

Img_6818

チョウがいたので追い払いました。

そして山頂へ・・・

Img_6722

光輝く聖剣を見つけました。

いわずもがな持ち帰ります。

…その後、そのダンディはクマと聖剣2本を売って幸せに暮らしましたとさ(めでたしめでたし)

Img_2268

聖剣2本を手に持つダンディの図

 


 


« 第二次沖縄サミット二日目~カラオケの結末は逆水平チョップ~ | トップページ | 正月 (リバベン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091567/51828261

この記事へのトラックバック一覧です: 日本昔話…大蛇と僕と聖剣と:

« 第二次沖縄サミット二日目~カラオケの結末は逆水平チョップ~ | トップページ | 正月 (リバベン) »