« 正月 (リバベン) | トップページ | »

2013年12月28日 (土)

♨お熱いのがお好き(ノ=´∀`=)ノLOVE♪

Pc220342

2013年も終わろうとする師走の時期に、行ってきました本沢温泉。男二人雪の中。

Pc220377

会長 好きな温泉は酸ヶ湯温泉 30歳 43度くらいが好き。源泉掛け流し派

風呂上りは牛乳 バスタオルは不使用、手ぬぐいを愛している。(*^ω^*)ノ彡

三度の飯より風呂が好きとまではいかないが、あながちでもない程度の温泉好き

サッポロ派r(´,_ゝ`)プッ

Pc220385

タイキ 会長同期 好きな温泉は鶴巻温泉 31歳 42度くらいが好きっぽい。循環派かも。風呂上りはビール バスタオル派( ̄ー ̄)ニヤリ

三度の飯よりビール好き。キリン派

今回ちょっと温泉旅行に行こうという誘いに乗って雪山登山をしてしまうことになる被害者兼参加者。

P6010940

盟友 ハルピン 

当日朝寝坊によりドタキャンセルをしてしまい、今回登場せず。

残念ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

最近無遅刻無欠席を売りにしてきていたがクリスマスが近かったため油断したのか。

P8180065

伊豆の怪獣 熊(´(ェ)`) 好きな温泉は大沢温泉。新婚ホヤホヤ。嫁美人。今回臨時に仕事になってしまい不参加。非常に残念。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

そんなことで同期プレ旅行は二人で行ってきました。

本沢温泉は八ヶ岳の右上の小海の方にある温泉です。もちろん歩いてではないといけないちょっとした秘境的な温泉です。夏ならいざ知らず、冬場は命を捨てる覚悟を持った人物でないと入浴できないのです。

Pc220373

雪はたいしたことなかんべぇと思って現地入りしたのですが、意外にも腰ぐらいまで積もっており、こいつぁまいった\(●o○;)ノ気分になりました。

稲子湯というとろに到着し、ぼくらはスノーシューに履き替えずこずこと山に入って行きました。

Pc210293

途中の山小屋しらびそ小屋に到着。

Pc210296

ホットミルクを飲みました。この辺の山小屋はとてもフレンドリーで安くていい感じです。

しかし寒いわ。山猫(タイキ)は足元をビニール袋で覆い雪の侵入を防いでここまできましたが、さすがにここから雪が深くなり不安も口に出てきました。

Pc210292

しかし前を行く人はランニングシューズに半袖で登っている男がいます。話をしてみるとシンガポールからきているとか。カップルなのですがなかなかやるものです。┐(´-`)┌愛で雪をとかしながら進めるってか?熱いねぇ(σ・∀・)σゲッツ

それを見て山猫(タイキ)も俄然勇気が湧いてきました。

しかしここからが悲劇の始まりでした。道がないっぺよ!!(゚ロ゚屮)屮

分かれ道を温泉の方へ進むとなんとトレースがありません。人気コースだと思っていたのに油断しました。

しかし引き返すわけには行かないので、真っ新な雪をかき分けるように僕らは進みました。地図とコンパスと勘を頼りに。

一歩一歩が腰下まで沈み込み、とっても疲れます。コースタイムの倍ぐらいかけて進みました。

Pc210305

息も絶え絶え。

でもそんなこんなで目的地である本沢温泉に到着しました。

しかし本当の戦いはこれからだったのです。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

Pc210309

晴天から吹雪へと天気は急変し、視界が悪くなってきました。

Pc210311

山小屋にて入浴について受付をすると、なんでもこの時期は温度が35℃程度しかないそうで、しかもこの時期入浴する人はいないようです。ほんとにはいるんですか?寒いですよと忠告を2回受けました。

でも入るんです入らなければ意味がないんです(*`pЗ´q)

この時期だからこそ大人気に違いないと思っていたのにとんだ誤算でした。順番待ちも覚悟していたのに。足跡すらないなんて。

Pc220358

Pc220359

道なき道を硫黄の匂いに誘われて進む。這うように進みます。

限界が近づいてきたその時にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Pc220326

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

ぽっかりと雪山の真ん中に湯船が出てきました。

Pc220355

蓋を取ってみるとまさに源泉掛流し。濃度が凄いヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ草津の湯畑に入る感じ。まったく濾過というのもしてないので、匂いや温泉の華みたのが凄まじい。

早速入るぜヽ(´▽`)/

Pc220332

でや

Pc220333

イヤっホー

Pc220344

温い 思っていたよりもぬくいわ。あー気持ち良い。

などといっていたのもつかの間

入った勢いでお湯が溢れ出しているではありませんか。しかもそれが

(;´д`)トホホ…

Pc220347

脱いだ衣服。特に会長の手袋と帽子を直撃。

Pc220363

1分後には見事にカチンコチンに固まってしましました。w(゚o゚)w

それでも温泉は気持ち良い。でも顔は凍りそう。出るに出れない状況です。しばらく浸かっていると本当に危ないのでそろそろでることにします。

ここで脱出にはコツが必要です。

Pc220329

立つ アンダーウェア着る しゃがむ フリース着る しゃがむ カッパ着る しゃがむなどと繰り返す必要がある。裸で着替えようもんなら凍死してしまう。ボデーを拭く暇もなし。

最後に凍った帽子と手袋とメガネを解凍して脱出完了。

Pc220349

結構必死です。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!本当に厳しい入浴と着替えでした。それからの山小屋への帰り道はガタガタ震えながら駆け戻りました。でも体幹は結構温まってました。

Pc210307

山小屋にはなんとちゃんとした温泉も別にあります。

Pc210316

脱衣所って素敵だね

Pc210317

壁と屋根のある湯船の快適さを痛感しました。

Pc220365

温泉ハンターズ

いいお湯でした。ところで山猫さんが右足に痛みやら重みを訴えていました。

見るととんでもない異物がくっついていました。

Pc210313

スノーシューの後ろに爆弾のような雪?氷の塊がくっついていました。そりゃ疲れるぜベイベ( ´艸`)プププ

Pc220380

なにはともあれ間違いなく心に残るナンバーワンの温泉になりました。夏場はやはり入浴渋滞するのだろうか?やはり冬がオススメです。

次はどこの温泉に入るか。とにかく大学生時代にも痛感しましたが、壁と屋根に感謝をしながら生きるきっかけになる旅でした。壁と屋根があれば人生なんとかなるのではないか?

Pc220386

おっつです(*^ー゚)bグッジョブ!!

以上

« 正月 (リバベン) | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091567/54413045

この記事へのトラックバック一覧です: ♨お熱いのがお好き(ノ=´∀`=)ノLOVE♪:

« 正月 (リバベン) | トップページ | »